ミートローフでは通常カンガルー皮を使用します。通常生皮を入手し、私たちの工房で手作業で延ばしてからドラムに張ります。ならした皮は同じ厚さの普通の皮と比べベース音が強めになり、またかなり柔軟です。

ミートローフではヤギ皮も用い、また人もうらやむ本物のランベック・ヤギ皮も少数ですが使います。ランベック・ヤギも私たちのヤギのどちらも薄く、柔軟で、弾性を持つように処理され、最近よくあるようなオクターブ以上の音階の演奏ができるように仕上がります。

ボウラン製作者はみんな材料の皮とその固有の音をを生かして作ることを、当然ながら、ポリシーにしています。そのため、私たちのドラムは演奏者の必要にあわせてひとつひとつ設計するので、できたドラムはみなそれぞれ個性を持ちます。

何か皮について特別なご要望があればお知らせください。ご相談に応じます